雑記

【楽天ユーザー必見】楽天の便利なスマホ決済まとめ

投稿日:

こんにちは、カイトです。

みなさんは楽天を使っていますか?

楽天カードはポイントもたまりやすくて便利ですよね。

そんな楽天ですが、スマホ決済のアプリがいくつかあって、

何を使えばいいかわからない!!

なんていう方も多いと思います。

ということで今回は、

  • 楽天ペイ
  • 楽天Edy

の二つについて違いを紹介していきます。

また、マイナポイントを楽天で考えている方向けにまとめもしていきます!!

楽天ペイVS楽天Edy

楽天ペイ

楽天ペイとは、楽天のオンライン決済アプリのひとつです。

このアイコンが目印です!!

さまざまな店で使うことが可能です。(↓参照)

支払い方法は

  • クレジットカード
  • 楽天キャッシュ
  • 楽天ポイント
  • 楽天Edy
  • 楽天ペイのSuica

の5つあります。

ここでは、クレジットカードと楽天キャッシュについて紹介します。
また、楽天Edyでの支払いについては次章で述べます。

クレジットカード

まずはクレジットカードから直接引き落とす方法です。

楽天公式サイトより引用

登録できるクレジットカードは、楽天カード(Visa、Mastercard、JCB、American Express)はもちろんですが、

2020年7月29日から楽天以外が発行するJCB、American Expressブランドのカードも登録できるようになりました。

しかし、ポイント還元率などを踏まえると、

圧倒的に楽天カードで登録しておいたほうがいいです!!

楽天キャッシュ

楽天キャッシュとは、

楽天サービス内で自由に使える財布

みたいなものです。

あらかじめ、楽天ペイからチャージしておいて、使うことができます。

楽天ペイアプリ内の画面右上のチャージボタンからチャージできます。

チャージ方法は

  • 楽天カード(から引き落とす)
  • 楽天銀行(から引き落とす)
  • ラクマ(の売上金から引き落とす)

楽天キャッシュに利用できるカードは楽天カードのみなので気を付けてください!
また、楽天カードから楽天キャッシュにチャージした場合、200円ごとに1ポイントがつくのでおすすめです。

支払い方法を楽天キャッシュにするには以下のようにします。↓

この場合、一旦楽天キャッシュにお金をプールしてから使うので、使い過ぎ防止になります。

さらにポイントの面からもクレジットカードよりも楽天キャッシュでの支払いのほうがお得です!!

楽天公式サイトより引用

ポイントをお得にためるにはどうすればいいのか?

では、実際にポイントをお得にためるにはどうすれば良いのでしょうか?

楽天キャッシュから支払うのが一番お得です!!

楽天の公式サイトより引用

さらに、楽天ポイントに対応している店舗では、さらに1%のポイント還元がつきます。(楽天ポイントに加盟している店舗一覧は↓参照)

https://pointcard.rakuten.co.jp/partner/

※楽天ペイにも楽天ポイントのも対応している店舗はそんなに多くはありません。(↓参照)

楽天公式サイトより引用

なので、
楽天ペイ(楽天キャッシュ)+楽天ポイント提示→2.5%のポイント還元
楽天ペイ(その他)+楽天ポイント提示→2%のポイント還元

となります!

ちなみに楽天ポイントの提示は、クレジットカードを出したり、楽天ポイントアプリをインストールしていなくても、楽天ペイ内で提示できます。

楽天Edy

楽天Edyと言っても、主に

  • Edy機能付き楽天カード
  • Edyポイントカード
  • おサイフケータイ

の三つから選べます。

これを↓のようにかざすことで、お会計が完了します。

・Edy機能付き楽天カードは、楽天カードを発行するタイミングで、オプションとして無料で付けることができます。

・Edyポイントカードは、楽天市場で330円(税込み)で購入することができます。

 

Edy-楽天ポイントカード
価格:330円(税込、送料別) (2020/8/6時点)楽天で購入

基本的には、楽天キャッシュと同じで、あらかじめ楽天Edy内にチャージしておき、そこから切り崩していく仕組みです。

200円ごとに1ポイントがたまり(0.5%還元)、楽天ペイよりも還元率が低いです。(楽天ペイは1%)

しかし、楽天Edyは使える場面が楽天ペイより非常に多いです。

ネットショッピングで使えるのはだいぶ大きいと思います。
僕はよくアマゾンで買い物をするので、これからは楽天Edy で支払いしたいと思います。

結局どっちがいいの??

楽天ペイか楽天Edy、結局どっちがいいのでしょうか。

結局はケースバイケースとか言いようがありませんが、

両方とも登録しておいて、楽天ペイが使えれば楽天ペイを使い、楽天ペイが使えないときやネットショッピングの時は楽天Edyを使うというように使い分けるのがいいと思います!

ただし、お金を色々なところに分散していると、いつの間にかお金が無くなっているという現象になりやすいので、お金の管理が苦手な人は、楽天Edyだけにしておいたほうが安全だと思います。

マイナポイントは楽天カード?楽天ペイ?楽天Edy?

この章では2020年9月~開始されるマイナポイントについて楽天グループでは

  • 楽天カード
  • 楽天ペイ
  • 楽天Edy

の3つ、あるのでそれについて比較していこうと思います。

楽天カード

楽天カードでは、累計20000円以上を達成した翌々月の25日に5000ポイント付与されます。(還元率は25%)

※最大5000ポイント以上はもらえません。(30000円分購入しても7500ポイントではなく、5000ポイント。)

※20000円未満の場合は、累計利用金額の25%分が2021年5月25日(火)頃に付与されます。

楽天ペイ

楽天ペイでは、累計20000円以上を達成した翌々月の25日に5000ポイント付与されます。(還元率は25%)

※最大5000ポイント以上はもらえません。(30000円分購入しても7500ポイントではなく、5000ポイント。)

こういう広告を見たことがあると思いますが、あくまでマイナポイントでの還元率は25%で楽天カードと変わりません。

楽天Edy

楽天Edyは、2020年9月1日~2021年3月31日のうちにチャージした金額の25%分が翌月の10日にEdyにチャージされます。

※ただし、楽天カード、楽天ペイ同様に最大5000ポイントまで。

どれがいい??

結論からいうと人によってそれぞれです。

ただ、確実に5000円分もらいたいなら、楽天Edy がおすすめです。

学生とかで、楽天ペイや楽天カードで期間中に20000円分も使う自信がない人なんかは、先に楽天Edyに20000円分チャージしておけば、無駄遣いしないで済みます。
ただし楽天Edyではポイントではなく、Edyとして返ってくることに気をつけましょう。

逆に少しでもポイントを多く稼ぎたいのであれば、楽天ペイがおすすめです。(その代わり使えるお店は限られてくる)

主婦などで普段からクレジットで支払いをされる方は、楽天カードがおすすめです。

自分のライフスタイルに合った選択をしましょう!

2020/8/6

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– 広告2 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-4909130918643558″
data-ad-slot=”7774729887″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

スポンサーリンク

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– 広告2 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-4909130918643558″
data-ad-slot=”7774729887″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-雑記
-, ,

Copyright© Kaitalk , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.