旅のあれこれ

【結局いくらかかるの?】ヨーロッパ周遊旅行(18日間)にかかった費用を一挙公開!

投稿日:

こんにちは、カイトです。

いままで様々なヨーロッパ周遊旅行に関する記事を上げてきました。

ヨーロッパ周遊旅行での毎日を綴った記事たち。

ただみなさんが一番気になっていることはおそらく、

いったいいくらかかったんだろう?

ということだと思います。

僕自身も実際に旅行に行く前はそういう関連の記事を読み漁り、いろいろと予算を考えていました。

結論から言うと、概算で60万円でした。(準備費込みです。)

まずは、次の章でこの大体の内訳をみていこうと思います。

総額はいくらかかったのか?

今回の旅行に関しては、現金やらクレジットカードやらいろいろ使っていて、全ての細かい集計を取れているわけではありません

(コンビニで買った水1本とかは正直メモしきれていません……。)

こういったお金は抜きで純粋に宿泊費、交通費、食費、観光費、準備費にかかったお金を、1€=140円、1czk=5.8円として計算した金額は535415円(489642円)でした。

ただ、これは実際に使ったお金ではなく、目安にすぎません。

なので、この旅行期間中に引き落とされた金額を次に見てみます。

僕が旅行中及び、旅行準備に際して利用したカードはライフカード、JALカード、LINEカードになります。

僕が旅行中に使ったカードの明細から僕がこの旅行にかけたお金は536604円(準備費なし)でした!

細かい内訳までわかりませんが、よりリアルな引落額だと思います。

これに、準備費45733円と日本から持って行った2万円を足すと、602337円でした。

高すぎる……。ただこれだけではなかなかイメージが湧きませんよね。

次の章以降では、航空券、交通費、ホテル代、食費、雑費と各項目に分けてどれくらいの費用が掛かったのかをまとめていきたいと思います。

航空券

航空券は総額172500円でした。

今回は始めての一人での海外渡航であり、さらにコロナ禍だったので、旅行会社のHISさんを通じて航空券を手配してもらいました。

航空券を買ったときの話。

175000円を購入するとなったときは、さすがに震えましたね。今までの人生で一番大きな買い物でした。

今回は、HISの担当の方に

「7月の末から8月の中頃の期間で、一番安い航空券をください。」

とお願いしました。

スタート地点とゴール地点は問わずにお願いして手配してもらったのが、カタール航空で、

  • 成田-ドーハ-ミュンヘン(行き)
  • プラハ-ドーハ-成田(帰り)

というプランでした。

カタール航空はサービスが最高で、長距離フライトの間も快適な機内環境でした。

ただ、正直もっと安くしようと思えばできたのも事実です。

長距離フライトなので、格安フライトのサービスで快適に過ごせるかはわかりませんが。

・航空券を探すのには“skyscaner”が最適な話。

“trip.com”を使って安くチケットを購入した話。

今後は航空券を探す際は、オンラインで探していきたいですね。

もちろんオンラインで申し込む際はキャンセル料が無かったり、日程の変更が不可だったりする場合もあるので、しっかりと条件を確認する必要があるので注意しましょう。

交通費

次は交通費になります。

合計で71298円でした。

ここでは、大きな移動こまごまとした移動に分けて紹介していきます。

大きな移動(都市間の移動)

まずは大きな移動、都市間の移動にかかった値段です。

僕は今回、上の写真にあるような形で都市間の移動をしてきました。

純粋な移動のみの交通費は総額で50035円になりました。

ただ、ちょこちょこやらかしたミスを加味すると、71298円も使っていたことになります。

今回の移動に関しては、

  • ミュンヘン-パリ(バス)
  • パリ-ミラノ(バス)
  • ミラノ-フィレンツェ(電車)
  • フィレンツェ-ベネツィア(電車)
  • ベネツィア-ウィーン(バス)
  • ウィーン-プラハ(電車)

と主にバス電車を使い分けていました。

国と国をまたぐような大型の移動は、夜行バスを使って時間と宿泊費を節約しました。(ミュンヘン-パリ/パリ-ミラノ/ベネツィア-ウィーン)

一方で都市間の移動は3-6時間かけて、電車を使いました。

最後のウィーン-プラハ間はバスにしようか迷いましたが、旅の終盤で疲れもたまっていることを考慮して電車移動にしました。

こまごまとした移動

こまごまとした移動は合計で16970円でした。

一つ一つの額は大きくありませんが、合わせるとまあまあな値段になりました。

宿泊費

続いて宿泊費です。

こんな感じになりました。

今回の旅行では夜行バスを3回利用したので、17泊のうちホテルを利用したのは14泊です。

今回ホテルを選ぶうえでは、ユースホテルではない、1泊1万円以内を目安に考えていたので、合計でその基準を満たせたのは良かったと思います。

(1泊あたりは9376円)

ホテルは全てBooking.comを利用して予約しましたが、とても使いやすく簡単に予約できるのでおすすめです。

ホテル選びに最適!Booking.comがおすすめなわけ。

食費

続いて食費に行きましょう。

ここら辺は自分のメモを頼りに書いているので、書き忘れや勘違いがある部分もあると思います。

計算上では総額79877円になりました。

単純に日数で割ると、1日当たり4437円です。

目標が1日当たり5000円だったのでまあ妥当というところでしょうか。

朝は食べないことが多かったので、昼2000円、夜3000円くらいの目安です。

また、国によって食事にかかる値段が違うの面白かったです。

フランスなんかは食費が高かったですが、イタリア(特にミラノ)やチェコのプラハはすごく安かった印象。

進んでいくにつれて、物価が安くなったのは助かりました。

観光費

観光費は17732円でした。

今回の旅行では、あまり博物館などには行っていないつもりでしたが、こう見ると結構訪れていますね!

まあ18日にもいたら、それくらいは行きますよね。

個人的には、ルーブル美術館に行けなかったのが非常に残念です……。

  • モンパルナスタワー
  • ベルサイユ宮殿
  • オルセー美術館
  • デューモ
  • シェーンブル宮殿
  • ペトシーン展望台タワー

には行ってよかったです。

準備費(おまけ)

旅行に直接かかったお金ではないですが、今回は始めての海外旅行だったので準備するのにもかなりお金がかかりました。

ということで、一応準備にかかったお金も記載しておきます。

ここら辺の荷物は役に立ったものもあれば、正直いらなかったなというものまでありました。

以下の記事で自分が持って行ってよかったものをまとめているので、ぜひ見てみてください!

僕が始めての海外旅行で持っていったもの。

洋服類も、調子に乗ってたくさん買ってしまいました……。

まとめ

今回は自分が旅行にかけたお金について、自分のカードの明細や、旅行中につけていたメモを基に計算してみました。

正直、もっと節約できるところや、シンプルに無駄な出費が多かったのも事実です。

もし同じような工程で旅行することがあったら、5-10万くらい節約できる自信はあります。

もし、ヨーロッパ周遊旅行を検討されている人がいれば、参考になってもらえると幸いです。

-旅のあれこれ

Copyright© Kaitalk , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.